お子様が歯医者さんを嫌いにならないように

「歯医者さんは怖くて痛いところ」お子様はもちろん、保護者の方もそんな風に思っていませんか? そう思ってしまうのは、ほとんどの方が歯が痛くなってから歯医者さんに行くため。虫歯になる前に歯医者さんに通っていれば、診療に痛みを伴うこともなく、怖いことはありません。むしろ、お口をすっきりできる気持ちのいいところだと思うはずです。

悪くなったり痛みが出たりする前から通っていれば、お子様が歯医者さんを嫌いになることはありません。歯医者さんに行くタイミングをしっかりと見極め、早めに連れて来てあげてください。

おうちでのケアは大切だけど、それだけでは不十分

お子様の歯を虫歯から守るために、ご自宅でのケアはとても重要です。しかしそれだけでは、予防には不十分。歯医者さんでは、お子様の成長に合わせて専門的な予防はもちろん、ブラッシング指導などもおこなっています。ご自宅での予防と合わせ、プロによる観察や適切なケアを受けることが、本当にお子様の歯を虫歯から守る予防になるのです。

歯医者さんに行くタイミングは?

「初めての歯医者さん、いつ行ったらいいの?」という質問をよくうかがいます。保護者の方の世代では、「虫歯になってから歯医者さんに行く」というのが当たり前だったため、タイミングがよくわからないという方が多いようです。こちらでは、お子様がお母さんのお腹の中にいるころをスタートに、適切な予防法や歯医者さんに行くタイミングなどについてご紹介します。

妊娠期

出産は女性にとって大イベントです。特に自然分娩では全力で食いしばります。そのため、歯へのダメージも大きく、お口のケアができていないと、歯が欠けたり折れたりしていまいます。顎の関節が痛くなっていまい、産後、口開けることができないなんてこともあります。
特につわりの時期にはお口のケアがなかなかできないことがあります。また、出産後は、赤ちゃんのお世話に手がかかり、お口のケアまで手が回らなくなる可能性も出てきます。つわりは辛い時期ですが、出産に向けて、計画的にお口のケア(予防)・キュア(治療)を行いましょう

予防法

十分に栄養を摂ることが、生まれてくる赤ちゃんの歯のために一番大切なこと。動物性や植物性のタンパク質をバランスよく摂取しましょう。また、お口のケアも重要です。妊娠中に歯周病にかかると、早産や低体重児出産の危険もあり、お腹の中の赤ちゃんの健康に影響を与えかねないのです。

また出産後に虫歯があれば、生まれてきた赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまう可能性も出てきます。しっかりとお口の中のケアをし、妊娠中期の安定期には、一度検診を受けることをおすすめします。

乳歯が生え始めたら

乳歯が生え始めたら、お口のケアが必要となります。授乳したままの寝かしつけは虫歯の原因になることもあるので、できれば避けたほうがいいでしょう。お子様はあっという間に成長していきます。卒乳や離乳、おやつを迎える日は遠くはありません。卒乳や離乳の進め方、おやつの摂り方は早いうちから知っておくことをおすすめします。かわいい白い歯を守ってあげましょう。

保護者の方のケアが最大の予防法になります。歯が生えきっていないときには、ぬらしたガーゼなどでふいてあげることから始めましょう。これはお口のケアをするとともに、その後ブラッシングを始めるときにお口をあける練習の第一歩となります。またブラッシングを始めたら、保護者の方の仕上げみがきが必要です。ていねいに、しっかりとみがいてあげましょう。もし気になる部分があれば、一度診察を受けるようにしましょう。

乳歯が生えそろったら

だんだんと乳歯が生えそろい始めるこの時期が、一番虫歯になりやすい時期です。虫歯はもちろん、咬み合わせなども一緒に診てもらいましょう。

虫歯の最大の予防法は正しいブラッシング。3歳ごろはお子様がブラッシング習慣を身につけるのに適した時期ですが、まだ十分なブラッシングができないため、最後には仕上げみがきをきちんとしてあげましょう。

自分でみがく習慣をつけること。保護者が正しい仕上げをしてあげることが大切です。

永久歯が生え始める時期

乳歯が抜け、永久歯が生え始める6歳前後。この時期は歯の大きさがそろっていないため、一番ブラッシングが難しい時期です。特に、「6歳臼歯」という一番早く生える永久歯には細かく深い溝があり、食べカスが詰まりやすく、とても虫歯になりやすいのです。
そして生えたての永久歯は歯質が弱いので虫歯になりやすいもの。虫歯のリスクが高いこの時期には、特にプロの目によるチェックが必要です。咬み合わせや生えかわりの観察なども併せ、一度ご来院ください。

虫歯を予防するには、毎日のブラッシングに注意するのはもちろん、歯質を強化するフッ素の塗布や、6歳臼歯の細かい溝をふさぐシーラントが効果的です。また、毎食後のブラッシングの後の仕上げみがきはまだまだ必要。みがき残しがないように、保護者の方がしっかりとチェックしてあげてください。

ただ仕上げみがきを嫌がる子も多くなってきます。しかし技術的には自分で完璧にみがけない子がほとんどです。歯ブラシ指導を受けて自分でしっかりと磨けるようになることが大切です。

虫歯から守るための卒乳のすすめ

授乳と虫歯には、密接な関係があるのをご存知でしょうか? 実は卒乳ができず、寝る前に母乳やミルクを飲んでいるお子様は虫歯のリスクがとても高くなるのです。

「寝る前にミルクを飲んでくれるとすぐに寝てくれて助かるのに……」と思うお母様の気持ちもわかります。でも、お口の中に母乳やミルクを含んだ状態だと、虫歯菌の温床ができてしまい、虫歯を招きやすくなってしまうのです。

しかし、離乳食の進み具合や歯の生える時期は個人差が大きいものです。育児本に書いてあるように「○才○ヶ月で卒乳しましょう。」ではお母さんの負担が大きいです。その子に合った卒乳の仕方を歯科医師、助産師、Dental nanny(デンタル ナニー)などのプロフェッショナルと相談しながら頑張ってみませんか?

乳歯は虫歯になりやすいことをご存知ですか?しっかりとお母様が守ってあげましょう。

  • ページの先頭へ戻る