トレーニングの流れ

歯医者さんに慣れてもらうための練習

歯医者さんに来たことのないお子様は、“初めての経験”に少なからず不安を覚えるでしょう。また、以前の治療で「歯医者さん=怖い・痛い」と苦手意識を持ってしまったお子様は、再度歯医者さんで治療することに対して後ろ向きになりがちです。

当院では、歯医者さんに通うのが初めてだったり、苦手だったりするお子様に、いきなり治療を開始することはしません。「歯医者さんは歯を健康にする楽しい場所」と思ってもらうために、時間をかけてお子様と接し、下記のステップにそって治療に取り組んでいます。

1.イスに座る練習をする

診療室のイスに座る練習

まず歯医者さんに慣れてもらうことが大切なので、お子様ひとりで診療室のイスに座る練習をします。親御様がいなくても座れるようになったら、ほめてあげましょう。

矢印

2.歯医者さんのことを詳しく知ってもらう

歯医者さんとお話しましょう

静かに座れるようになったら、次は歯医者さんとたくさんお話ししましょう。歯医者さんとコミュニケーションを取ることで仲良くなり、恐怖心も感じなくなります。

矢印

3.治療に使う機器・器具を見てもらう

治療に使用する機器・器具を見てもらいます

歯医者さんと仲良くなり、楽しくお話しできるようになったら、次は治療の機器・器具を見ていただきます。普段見慣れない機器・器具にお子様も興味津々です。

矢印

4.機器・器具の使い方を学ぶ

機器・器具の使い方を知ってもらいます

機器・器具を手にとって見てもらいましたら、今度はその使い方をお伝えします。使用する機器・器具を実際に目の前で動かしてみたり、親御様が治療を行っている様子を見ていただきます。

矢印

5.お口の中に器具を入れる練習をする

器具をお口の中に入れる練習

機器・器具の使い方を知ってもらった後は治療の練習です。お口に器具を入れてみて、治療するイメージを持ってもらいます。音が出るバキュームなども実際に使う様子を見ていただきます。

矢印

6.内容をわかってもらったうえで治療を開始

治療内容を理解してもらい、診察開始

「良い子のポーズ」で「手はお腹」にして診療できるようになり、治療内容についてある程度理解してもらったら、治療開始です。治療中もわからないことがあったら、聞いてください。その都度治療を止めて、ご説明します。お子様に対する細かい気配りをしつつ、診察を進めていきます。

お子様が嫌な虫歯治療の「音」を解消する「ノイズホワイトニング」

当院では、ノイズホワイトニングを使用し、歯科特有の不快音の解消に努めています。特殊な波長の音楽を聴きながら治療すると、不快なタービン音やバキューム音が聞こえにくくなります。ノイズホワイトニングを使用すると、今まで音が苦手で受診が難しかったお子様も、治療が受けやすくなるため、お悩みの方はぜひご相談ください。

※使用例

ノイズホワイトニング使用例

ノイズホワイトニングを実際に使用した施術の様子

小児心理学について

小児心理学をもとにした専門治療

当院では、歯医者さんに苦手意識を持っており、なかなか治療を受けられないお子様に対して小児心理学をもとにした小児歯科専門治療を行っています。こちらでは、その3つの手法をご紹介します。

手法1: 系統的脱感作法

刺激の弱い治療から慣れてもらい、徐々に通常の治療に移行し、苦手意識の克服を図る手法です。

お口の中を見るときの系統的脱感作法

1 肩に触れ、「虫歯やバイキンがいないかな?探してみよう!」と声をかける
2 ほっぺに触れ、「大きくお口を開けられるかな?がんばってみよう!」と声をかける
3 唇に触れ、前歯に鏡を当てる(いきなり口の奥に器具を突っ込まない)
4 徐々に奥歯のほうを見ていく

手法2: オペラント条件付き法

治療を頑張ったお子様に対しておもちゃをあげて、「また頑張ればもらえる」ということを意識してもらい、次の治療へのモチベーションを上げる手法です。

手法3: モデリング法

お子様に親御様が治療している様子を見せることで、どのようにして治療を受ければいいのかを知ってもらう手法です。モデリング法で治療を行うために、プライベートキッズスペースを備えた広めの治療室があります。こちらの治療室では、お父様・お母様の治療をすぐ近くで見ることができます。ご利用ご希望の方は、お気軽にお申し出ください。

手法4: TSD法

TSD法とは、T(Tell:伝える)、S(Show:見せる)、D(Do:行う)という診療の一連の流れのことです。どんなお子様でも、見たことのないもの・知らないものを、いきなりお口の中に入れられたら怖いはず。スムーズに診療を受けてもらうために欠かせないのがTSD法です 。

※場合によってはTSD法を用いないほうがいいケースもあるため、臨機応変に対応させていただきます。

TSD法の具体例

Tell  : 「お口の中を鏡で見るね」と伝える
Show : お子様に鏡を見てもらう
Do   : 実際に鏡でお口の中を見る

  • ページの先頭へ戻る