妊婦さんの歯科治療のすすめ

妊娠中は、お口の中に気になる症状があっても歯医者さんで治療は受けられないと思っていませんか? また体調もすぐれないなど、受診するのがなかなか難しいのはよくわかります。でも、そのままにしているとお口の中の状態はもっと悪くなってしまいます。特に妊娠中は栄養が赤ちゃんにいくため、お口の環境は通常時よりも悪化しやすいのです。

実は妊娠中のお母様のお口の健康状態は、お腹の赤ちゃんにも関係します。生まれてくる赤ちゃんのために、少しでも心配のない健康なお口であるように、気になる症状があれば一度当院へご相談ください。

妊娠中はお口の環境が変化します

妊娠中は生活習慣も変わり、体質も変化します。それにともなって、お口の中は虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまいます。

妊娠中のお口の変化

  • つわりによりブラッシングがしっかりとできなくなり、みがき残しが増えて虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • 一度に食べる量が少なくなり、何度も食事をとるため、虫歯になりやすい状態になる
  • だ液の性質の変化にともない、お口の中がネバネバしてくる
  • ホルモンの関係で歯ぐきに炎症を起こしやすくなり「妊娠性歯周病」にかかりやすくなる

妊娠中の歯周病は全身疾患の恐れもあり、また進行すると「早産」や「低体重児出産」になる可能性も出てきます。妊娠中での歯科治療は治療内容によって、可能な時期とそうでない時期がありますので、症状があるなしに関わらず早期の受診をおすすめします。。

生まれてくる赤ちゃんのためには予防が必要

妊娠前にしっかり予防することで、生まれてくる赤ちゃんの虫歯リスクを減らすことができます。なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在せず、実はお子様が虫歯になってしまう原因は、保護者の方による口移しやスキンシップなどによる虫歯菌の感染によるものだからです。

食べ物の口移しや食器の共有など、できるだけ虫歯菌がうつるような行為を避けることはもちろん、適切な予防で保護者の方のお口の中から虫歯菌を減らしておくことも、とても大切です。

「妊娠・出産は100人いれば100通りの妊娠・出産がある。」と言われますが、歯科治療についても同様です。

妊娠の時期によって、可能な治療とそうでない治療もあれば妊娠安定期でも、つわりのひどい方とそうでない方とで治療内容は違います。妊娠によってホルモンバランスが変わり、口腔内環境も変化しますので、症状のあるなしに関わらず、早期の受診をすることがとても大切です。

当院では妊婦さんにできるだけお薬を使用しないようにしています。必要な場合は、歯科医とお母様とでお腹の赤ちゃんへの影響や、お薬の効果などについてよく話し合った上で使用しますのでご安心ください。

分娩時の食いしばりについて

自然分娩の際に、お母様は奥歯をとても強く食いしばります。そしてその食いしばりが、奥歯に負担をかけ、咬み合う歯や歯根に悪影響を与えてしまうことがあるのです。当院ではこの影響を減らすために、マウスピースの使用をおすすめしています。気になる方は、お気軽にご相談ください。

お子様が生まれた方は虫歯にさせないようにこちらをご覧ください。

  • ページの先頭へ戻る