予防する意識が大切な歯を守ります ~小児予防歯科~

歯ブラシ

予防歯科はブラッシング指導や歯のクリーニング(PMTC)により、虫歯や歯周病にかかるのを未然に防ぐことを目的とした診療メニューです。

お子様の歯はやわらかく溶けやすいため、永久歯よりも特に虫歯が進行しやすくなります。また、6歳頃に生えてくる6歳臼歯という奥歯は汚れがたまりやすいので、虫歯になるリスクも高まるので特に注意が必要です。

おとなと違いお子様は、一人では丁寧なブラッシングなどのお口のケアをすることが難しいといえるでしょう。お子様の大切な健康を守るためにも仕上げ磨きなどでフォローしつつ、予防歯科もぜひ活用してください。

虫歯にならないためのアドバイス、おやつは大丈夫?

お子様のお口の中はおとなと違い歯の生え替わりや、骨の発達などにより口腔内環境が変わりやすいため、その時期に糖分の多いチョコレートやキャンディーなどのおやつをダラダラと時間を決めず食べていることによって虫歯になるリスクも高まります。

時間を決め、糖分が低い果物やキシリトール入りのおやつに変えることで虫歯の予防にもつながります。ぜひご家庭でも実践してみてください。

予防歯科のメリット

メリット1:虫歯や歯周病の早期発見・早期治療

口腔内の定期的チェックで、トラブルを未然に防げます。また、万が一虫歯や歯周病が見つかっても、早期に発見でき比較的簡単な治療で済む場合が多いです。

メリット2:切削量や処置内容の軽減によって麻酔が不必要に

早期治療が可能になるため、麻酔を使わないで治療が可能な場合が多いです。

メリット3:治療期間や費用などの負担軽減

早期発見により比較的簡単な治療で済むため、結果的に治療期間も短く、費用の負担も少なくなる場合がほとんどです。

定期検診が大事です

定期健診の様子

ご自宅でできる予防として、ブラッシングはとても大切です。しかし、ご自宅でのブラッシングだけではすべての汚れを落としきることができず、虫歯や歯周病になってしまう可能性が出てきます。そこで、歯科医がお口全体の様子を診察し、歯科衛生士によるケアをおこなう定期検診が重要となるのです。

定期検診に通っていれば、虫歯や歯周病などお口の病気の早期発見・早期治療が可能になります。定期検診のタイミングは歯科医院で案内されますので、そのタイミングを守って検診を受けるように心がけましょう。

  • ページの先頭へ戻る

当院の予防処置

シーラント

シーラント
シーラントとは、虫歯になりやすい奥歯の溝を、歯科用プラスチックであらかじめ埋めておく虫歯予防処置のことです。生えたての永久歯は虫歯になりやすく、ケアも難しいため特に注意が必要です。当院ではシーラント処置を通して、お子様の健康な歯を虫歯から守る手助けをしています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導
患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて注意すべきブラッシング時の癖やみがきにくい箇所、歯や歯ぐきへの歯ブラシのあて方、動かし方などを含めた適切なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシなどのデンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。

PMTC

PMTC
専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)などに溜まったプラークや歯石などの汚れを徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。

フッ素塗布

フッ素塗布
歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。定期的におこなうと虫歯予防に効果的です。

生活習慣の指導

生活習慣の指導
虫歯も歯周病も直接の原因は細菌ですが、生活習慣に問題があることもあります。食事・睡眠時間・飲酒・喫煙などの生活習慣についておうかがいし、必要があれば改善のアドバイスをおこないます。

予防歯科は経済的にもお得!?

笑顔の家族

定期的に検診を受診している場合としていない場合、どちらのほうが費用がかかると思いますか? 予防処置は自費診療となることもあり、定期的に検診を受けていると多くの費用が必要だと思われがちですが、実は違います。定期的に検診を受けているほうが、悪化してしまってからの治療費を考えると費用が少なく済むのです。

たとえば、「定期検診は受けておらず、かなり歯が痛み歯科医院へ行き診察。重度の虫歯のため根管治療をおこなうことになりました。そのうえ歯周病とも診断を受け、ブラッシング指導や、PMTCをおこないました」というケースと、「3ヶ月に1回定期検診に通い、特に歯の病気はありません。予防としてプラークを取り除くためのPMTCをおこなっています」というケースがあったとします。

この2つのケースを計算してみると、定期検診に通っているほうが費用を大幅におさえられるのです。定期検診に通っていれば、結果としてトータルの費用がおさえられ、さらに痛い思いをしなくて済み、また何より大切な歯を守ることができます。いいことずくめの予防歯科をぜひご活用ください。

定期検診やメンテナンスについてはお気軽にご相談ください。03-5888-6509

  • ページの先頭へ戻る