お子様の歯並びを正してあげましょう ~小児矯正~

「もしかして斜めに生えてきている?」「重なって生えてきているかも?」「口元が突出している」「舌ったらずで発音が悪い」など、お子様の歯並びが気になったことはありませんか? 近年、お子様の歯並びに不安を感じられる方が増えています。

すべての歯がきちんと並ぶことができず歯並びに影響が出てくることが少なくありません。

また、指しゃぶりなどの生活習慣によっても歯並びに影響が出る場合があります。歯並びの乱れや見た目はもちろん、骨格的なゆがみや普段の食事や会話などにも悪影響を与えてしまう可能性があるため、矯正歯科で適切な治療を受けることが必要です。少しでも不安があれば、早めに当院へご相談ください。

お子様の矯正治療のタイミングは?

「歯並びが乱れている」ということだけで、痛みもなければ、いつ歯医者さんに連れて行ったらいいかわからないですよね。この場合、気づいた段階でできるだけ早くご来院いただくのがいい方法です。

矯正治療は、「全部永久歯に生えそろってから」「今すぐにでも」など、人それぞれに適した開始時期があります。また、早い段階に取りかかったほうがよい結果が得やすいケースも少なくありません。適切なタイミングは診察してみないとわかりませんので、気になり始めたらできるだけ早めの受診をおすすめします。

矯正治療には家族みんなの協力が必要です

お子様の矯正治療において、保護者の方のご協力は不可欠です。食後のブラッシングやその後の仕上げみがき、また装置の装着の確認などお子様だけではできないことがたくさんあります。また、おとなと違って治療の目的をつかみにくいお子様が、治療へのモチベーションを維持していくためにも、保護者の方の励ましが欠かせないのです。

お子様の矯正治療を成功させるためにも、どうかご家族が一緒になって協力してあげてください。

小児矯正とは

小児矯正は準備矯正・骨格矯正ともいわれるⅠ期治療と、本格矯正・歯列矯正ともいわれるⅡ期矯正からなります。特にこのⅠ期矯正を行うことが、最大の特徴となり、成人矯正ではできない骨格矯正を行うことができます。

Ⅰ期治療は、お子様自身が自然に備わっている成長を手助けしていくことで、歯の萌出するスペース(顎の骨)のバランスが整い、歯の萌出するスペースができてきます。そのため、歯列矯正で歯を抜かずに済んだり、外科的に顎の骨を切る手術をせずに済んだり、Ⅱ期治療が短期間軽度で済んだり、そもそもⅡ期治療が必要ない場合もあります。

小児矯正の特徴

  • 骨格的不正の改善ができる
  • 軽度の歯列矯正の場合は費用や期間が少なくて済む
  • 治療の痛みがほとんどない(違和感程度)
  • 萌出したばかりの弱い永久歯の虫歯リスクを下げることができる
  • お子様と保護者の協力が必要
  • 遺伝的予測、成長予測をするため、治療期間や効果が不確実な部分がある
  • 治療が長期間になることがある

歯並びが悪くなるのはお子様の癖が原因の場合もあります。くわしくはこちらから。

  • ページの先頭へ戻る