歯並びや顎の成長に悪影響を与える癖とは?

お子様に気になる癖はありませんか? 特にお口周りの癖は、歯並びだけでなく骨格のゆがみや成長に悪影響を与えることになり、あまりよいことではありません。小さいうちにしっかりと治すことが大切です。

気をつけたいお子様の癖

爪を咬む癖

常に硬いものを咬んでいる状態になり、上の前歯が前に出てしまうなど、歯並びに悪影響となる可能性があります。

指をしゃぶる癖

3歳ころになってもまだ指しゃぶりの癖があるようなら、気をつけなければいけません。前歯が出てしまったり、上下の歯が咬み合わなくなったりしてしまい、最終的には顎の骨格が変形してしまうことがあります。

舌を歯に押しあてる癖

舌を押しあてている部分の歯に隙間ができてきてしまい、咬み合わせも合わなくなってしまうことがあります。

唇を咬む癖

上の歯で下の唇を咬む癖が長引くと、上の歯が下の歯に大きくかぶさるようになるため、上の歯が前に出てきてしまいます。逆に下の歯で上の唇を咬む場合は、下の歯が前に出てくることがあります。

頬杖をつく癖

頬杖をついていると、咬み合わせがずれたり、顎の成長を妨げたりすることになります。また、左右の咬み合わせがずれることもあります。

もし、すでにこれらの癖による影響が出ているのであれば、矯正歯科での治療が必要です。詳しくは小児矯正のページをご覧ください。

こんな兆候はありませんか?

お子様はおとなと違い、痛みや違和感があってもなかなか口に出すことができません。しかし、日ごろのお子様の様子を見ることで、気づけることもあります。お子様に、次のような兆候はありませんか? 一度チェックしてみましょう。

気になるお子様の兆候

  • 食事の進みが遅く、食事を嫌がる
  • 口にものを運ぶのを嫌がる
  • 口の中をいつもいじっている
  • いつもイライラしている
  • 寝つきが悪い    など……

このような兆候がある場合、お子様のお口の中に何らかの異常や違和感がある可能性があります。サインを見逃さず、見つけたら早めに当院へご相談ください。

お子様の癖は歯並びにも影響することがあります。お子様の矯正についてはこちらから。

  • ページの先頭へ戻る